五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩を知る 五十肩とはなに?

五十肩とはなに?

五十肩とは中高年に多く見られる運動器系疾患の一つで、肩関節の運動障害と、肩・首筋・上腕などの鈍痛を愁訴とするものの通称になります。1960年代までは四十肩と呼ぶのが一般的でしたが、現在は「五十肩」と呼ぶことが多いようです。肩関節周囲炎(肩峰下インピンジメント症候群、インピンジメント徴候)とも呼ばれることもあります。

名前の通り50代の時に起こりやすいものですが、40代〜でも発症することがあります。誰でもなりえる身近な病気と言えるでしょう。

肩が痛くなるとまず肩こりかなと思う方が多いと思いますが、肩こりと五十肩というのは同じに考えられがちです。五十肩という病気自体にあまり定義がないことが原因ですが、肩こりというのは首の付け根の筋肉の疲労が原因で起こりますが、五十肩というのは肩の関節の周囲が炎症して起こることです。

骨のバランスが崩れてしまい、骨同士がお互いにぶつかって関節を傷つけてしまうので五十肩になるのです。五十肩は首の痛みと間違えられやすいので、首が痛くて病院に行くと五十肩だったということも少なくありません。

五十肩というのは外傷や病気など、何もなくても発症する病気です。例えば物を持ち上げた瞬間や肩を何らかの理由で使った瞬間に突然激痛が起こり、それ以降肩を動かす毎に痛みが酷くなる傾向にあります。腕を持ち上げたり肩を回すなどの動きが出来なくなるので、日常生活にも支障をきたすことがあります。


五十肩を知る


フルーラ ラムネ
http://www.masatoya.net/ww_2781.html

ポスター印刷
大判印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

タゴシッド
タゴシッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!