五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩を知る 五十肩の定義とは

五十肩の定義とは

●五十代後半に起こり易い
五十肩は病名の通り、大体40代後半から始まり、50代にピークを迎えて、60代までは見られる症状です。不思議なことに20代〜30代には五十肩は起こりません。50歳以上の70歳代や80歳代などでも、五十肩というのは殆ど起こらないといわれています。五十肩や起五十肩の病気にかかる人は全体の2〜5%だといわれていて、一生のうちに五十肩にかかる人の割合が100人に2〜5人ということになります。意外に少ないですが、いずれにせよ五十肩は身近な病気だといえます。

●肩から腕にかけて痛む
一口に「肩」といっても痛みの範囲は肩にとどまらず、肩から腕にかけて痛むのが特徴でしょう。首から肩にかけての痛みを訴えてくる場合、これは殆どが首に由来する疾患だとされます。首、肩、腕は近い位置にあるので、痛みを混同しやすいのです。左右同時に五十肩になるということは殆どありません。基本的にどちらか片方の肩のみに起こるといわれています。

●腕の動きが制限される
腕を前や横から真上に上げたり、腕を外や内にひねるなど、五十肩になるとこれらの動作が制限されます。痛みをこらえれば腕がひと通り動かせるという場合は五十肩とはいいません。運動制限があるかどうかというのが五十肩かどうかを見分ける大事なポイントになります。

●自然に治る
不思議なことに五十肩は基本的に自然に治ります。期間はおおむね半年から1年とされていて、個人差はあるものの自然に治っていきます。しかし放っておいても安心というわけではなく、五十肩をそのまま放置しておけば痛みは確かに治りますが、その後肩を今まで通りには動かせなくなりますので、放置せずにしっかりと治療するようにしましょう。


五十肩を知る