五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩を知る 年齢層

年齢層

五十肩はその名前の通り、50代でよく起こる病気になります。40代の後半ぐらいから五十肩になりだし、50代になってから本格的な症状が出て痛みがピークになることが多いと言われています。

60代になってもそのまま症状を引き継ぐことがありますが、いったん治れば完治することが多いです。若いうちは殆ど発生する可能性はありません。20〜30代で発生するということはまずないでしょう。

また70歳代では発生する可能性は全くないとは言えませんが、発症する可能性は低いですが、あります。五十肩になる方は現代の便利さゆえに、最近増えてきているといわれています。これは運動不足の方が増えているのも原因の一つといえるでしょう。

そのせいで五十肩になる方が低年齢化してきているそうです。ですが運動不足を避けるために筋トレなどを行っていると、筋肉を痛めてしまいそのことが原因で五十肩になってしまうこともあるのです。つまり筋肉を動かすことが逆効果になることもあるのです。

40代で発症した場合は四十肩と言います。その論理で、60歳で発症した場合は六十肩になります。つまり四十肩、五十肩、六十肩、どれも同じことをいいます。

その年齢層に多いということでそれぞれ俗称がついているのです。字の通り、発症する年齢によって区別を行っています。正式な名称は「肩関節周囲炎」になります。ですが年齢の違いには老化の度合いも違ってくるので、まだ年齢が低いとされる四十肩の症状が一番軽度と言えるかもしれません。


五十肩を知る


ペット火葬 昭島 立川 あきる野
について