五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩はどうしてなる? 五十肩の原因

五十肩の原因

五十肩になる原因はまだはっきりとわかっていません。何故起こるのかよく分からない病気といえます。ですが肩の関節というのは「筋肉の海に浮かんだ関節」ともいわれています。

その通り、肩の関節というのは骨の構造よりもそれを支えている靭帯や腱、関節包などの軟部組織が機能上とても重要な役割を果たしているのです。この組織は変性といわれていて、年齢を重ねるごとに強度が落ちてきて痛みやすくなります。

そうなってくると日常生活の少しの動作から組織に損傷が起こってしまって軽い炎症を起こすことになります。そして肩の関節が硬くなるといわれています。

このような障害が起こりやすいといわれているのがちょうど40代、50代ぐらいなので、五十肩はこの年齢に生じやすいのです。また腕を上げた状態で長時間作業をした後に起こりやすい病気だということであることは分かっています。

物を持ち上げようとした瞬間やゴルフのスイングなどの最中に突然激痛に襲われ、それ以降肩を動かす度に痛むケースも多いようです。大掃除などで高い場所をふき続けた後などにも発症することが多いといわれています。また無理な姿勢をしたり打ち身になったことから五十肩になってしまったということもあります。

糖尿病を持っている方に五十肩の発症率が高いといわれていたことがありましたが、調査した結果では、糖尿病と五十肩は関係がないということが分かっています。ですが糖尿病や透析を受けてい方は五十肩のような症状になると、中々治りにくいといわれています。


五十肩はどうしてなる?


スルガム
スルガムなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://richidad-office.com/sonota/sonota.html
金持ち父さん貧乏父さんのコンテンツ