五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩はどうしてなる? 腱板の性質・炎症

腱板の性質・炎症

五十肩は関節の周囲に炎症が起こる病気ですが、その炎症が最も多く起こる場所が「腱板」です。腱というのは平べったい板のような形をしている事で腱板と言われています。

腱板で炎症が起こりやすい理由、それは腱板自体の性質と炎症によるものです。腱板は線維組織からできているため、加齢とともにもろくなりやすいのです。しかも元々血管が少ない部位で、いったん傷つくと修復されにくい性質があります。

50歳代は老化が進みやすい年代ですからちょっとした力が加わるだけで傷ついて、炎症を引き起こしやすくなるということが考えられます。また腱板の中でも「棘上筋」の腱板は、構造的に炎症を起こしやすくなってしまっているのです。肩峰の下の面と骨頭との間が狭くなっているので、腕を上げる度に腱板が肩峰に当たることになります。

この衝突というのが長い間繰り返されていくうちに傷んでくるのです。それによって炎症が起こるようになります。腱板が傷んで炎症を起こすことが原因で五十肩が起こりやすくなるのです。

腱板の炎症を起こす病気に腱板炎というものがありますが、これは痛みは伴いますが腕が動かないということはなく、痛みながらも一通り動かすことが出来ます。しかしこの腱板炎は、五十肩の1つ手前の段階の病気と考えられるでしょう。

四十肩・五十肩が進行すると腱板の炎症が滑液包や関節内部まで波及していくことになるので、痛みがどんどん酷くなります。


五十肩はどうしてなる?


http://www.ngocchauseafood.com.vn/
金持ち父さんと貧乏父さん

ソフラチュール
ソフラチュールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!