五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩はどうしてなる? 病院に行く

病院に行く

肩の痛みというのは一時的なことが多いので、五十肩だとしても一時的なことだと思って放っておく方が多いかと思います。ですが五十肩は自然に治る可能性がありますが、そうすると可動できる範囲が狭くなってしまったりすることもありますし、放っておいたことによって深刻な病状になってしまうことがあります。

肩の病気というのは他の神経の通り道になっているので、五十肩でなくても他の病気の可能性もあります。そのため肩が痛いな・・・と思ったら出来るだけ早めに病院へ行き、診察してもらうようにしましょう。

五十肩の診察では、問診と触診がとても大切になります。問診では「どんな時にどのように傷むのか?」ということを聞かれます。この際にきちんと自分の症状を医師に伝えることが大切なので、病院へ行く前にどんな時にどのように痛むのかということを予め整理しておくといいと思います。

紙などに書いておけば伝えやすくていいかと思います。触診では傷む箇所を触ったり圧迫するなどして診断をします。触診は五十肩ではなく、他の病気ではないか?ということを判断するということも含まれていますので、とても大切な診断になります。

この際、服の上からのみ触る医師というのはあまり信頼出来ません。患者に直接触らないよう気を遣ってくれているのではと思いますが、きちんと肌に触らないと分からないこともあります。そのため「肩を見せてください」という医師の方が信頼出来ると言えるでしょう。


五十肩はどうしてなる?


遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!