五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩の検査と病名 肩関節周囲炎

肩関節周囲炎

老化と一緒に起こる肩関節の痛みを、障害を伴う病気を総称して「肩関節周囲炎」と言います。多くの医師が五十肩=肩関節周囲炎とする場合が多いですが、四十肩や五十肩というのは正式名称ではありません。

肩の関節の周囲に炎症が起きている状態なので、肩関節周囲炎と言います。しかしこれも総称になるのでとても曖昧な言葉になりますが、痛みの原因が何なのかを見るのには時間や経過が必要になるので、始めのうちは肩関節周囲炎と表記せざる終えないのです。

肩関節周囲炎が起こる原因は様々なものがありますが、明らかにされている原因というのはまだありません。除除に痛くなることや、肩関節の痛みを突然引き起こすことがあります。

安静にしていても強い痛みが生じ、肩関節周囲炎も夜にでも痛みを伴うことが特徴です。痛みというのは腕に放散するので、日常生活にも支障をきたすようになります。

髪の毛をとかす時や、服を着る時などでも痛みを伴います。肩を上にあげようとする時にも痛みが出るので、肩の動きはかなり制限されることになります。

あらゆる方向への制限が出ますが、中でも内側や外側に肩を回したりする運動が制限されます。肩が痛み出して間もない頃は安静にして、肩を出来るだけ使わないようにすることが大切です。

痛みを伴う場所を固定するのも有効でしょう。副腎皮質ホルモンの局所注射なども行います。肩関節周囲炎は治るまで少し期間がかかりますが、必ず治るものなので焦らずにゆっくりと治療を続けることが大切になります。

※肩関節周囲炎の治療に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩の検査と病名


札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/