五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩の検査と病名 問診と触診

問診と触診

五十肩は肩から腕が痛んで肩の動きが制限される疾患なので、問診と触診がとても大事になります。病院に行くとまず問診と触診が行われます。

問診では「どのように痛むのか?」などを医師に質問されるので、きちんと自分の症状を伝えることが出来るよう、事前に症状を整理しておくようにしましょう。聞きたいことなどをメモしておくと聞き忘れ名なども防ぐことが出来るのでいいと思います。

触診では痛みがある箇所を触ったり圧迫したりします。五十肩かどうか判断するためにも大切な診察方法となります。1つ1つ丁寧に触ってその箇所を圧迫していき、症状が五十肩と似ている他の病気ではないかどうかを見分けていきます。

直接触る方が診断しやすいので、「服を脱ぎ肩を見せてください」という医師の方が信頼出来るといえるでしょう。中にはこの問診と触診をあまりきちんと行わない病院もありますが、画像だけを見ていてもきちんとした原因を知ることは出来ません。そのため問診と触診をきちんと行ってくれる病院をお勧めします。

問診と触診が終わり五十肩であると診断されると、次は運動検査が行われます。運動検査では腕を上げたり回したり、それから肘をひねったりなどをして関節がどのくらい動くのかということ、つまり関節の動く範囲の角度を調べたりします。

最近では問診を行う前に、問診表などがある病院もあります。ここに現在の肩の痛みの状況などを書き込むことによって医師が診察しやすくなったり、患者さんもスムーズに診察を受けることが出来るなどの効果があります。

※五十肩の治療に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩の検査と病名


中古iphone携帯買取東京
http://mobileone.co.jp/

ナースサンダル 黒
黒のナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!