五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩の検査と病名 腱板炎

腱板炎

腱板炎は腱板が擦り減ってきて、腱板が炎症を起こす病気です。肩峰下滑液包炎と同じく痛みはありますが、腕はひと通りに動きます。

しかし、肩関節の痛みや運動制限などはあります。これも五十肩の前段階の1つだと言われています。

腱板が切れてしまった場合は手術しなければならないですが、腱板炎というのは腱板が切れるまではいかずに炎症が起きている状態になります。この疾患は若年層に多く見られ、とくに40歳代に一番多くみられるのが特徴です。

高齢の場合はただ寝返りをしただけでも、その瞬間に腱板が切れることもあります。治療方法は五十肩と殆ど同じで、ステロイドと麻酔薬の局所注射が効果的と言われています。

腱板炎にも急性期というものがあり、この急性期は局所の安静とともに治療を平行しますが、肩部分に熱や腫れがある場合は刺激すると余計に症状が悪化してしまうので、初期の頃は患部を中心に筋緊張の緩和を行っていきます。

この時期を過ぎると、除痛を目的として積極的に治療が行われます。肩関節の安定性に重要な腱板の筋力強化も行っていくことになりますが、過度の運動療法を行うと余計に炎症を酷くしてしまう可能性があるので、焦らずに無理をしないで運動療法を行っていきます。

症状が長引く場合は、肩峰切除という手術が必要になることもあります。発症した頃に適切な治療を行えば、早い時期で症状を緩和することも可能です。

しかし適切な治療を行わずに症状が慢性化してしまうと中々治りにくくなってしまうので注意するようにしましょう。

※腱板炎の治療に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩の検査と病名


ナースシューズ アシックス
ナースシューズのアシックスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/