五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩の検査と病名 上腕二等筋長頭腱炎

上腕二等筋長頭腱炎

上腕二等筋長頭腱炎は上腕二等筋の腱の1つである、長頭腱に炎症が起こる病気です。上腕二頭筋長頭腱というのは他の筋肉などと強調しているので、肩の全ての運動に関与することになります。そのため上腕二頭筋長頭腱というのはストレスを受けやすく、炎症を生じやすい箇所といえます。

昔はこの箇所が五十肩のすべての原因だと言われたこともありました。ですが運動制限は起こらないので、今は五十肩の始まりの1つの様相であると言われています。

上腕二頭筋長頭腱炎になると、肩の前側が痛むようになります。また押すと痛むという特徴があります。

運動をすることによってよく使用する場所なので、何かを投げるスポーツを行う方やラケットを使用するスポーツをやる方に多く発症します。スポーツを行っているまさにその時に、上腕二等筋長頭腱炎を発症することもあります。

上腕二頭筋長頭腱炎は20〜40歳代の方に多く見られます。肩を挙上していくと、肥厚した長頭腱が鳥口肩峰アーチに圧迫されて痛みを認める状態である、インピンジメント徴候のような状態が長年に渡って続き、その後に上腕二等筋長頭腱炎や断裂が起きることもあるので注意するようにしましょう。

治療方法には血行を良くする効果がある温熱療法や電気刺激療法などがあります。またストレッチや筋肉強化訓練などを行うこともあります。

症状が酷い時は注射を打ったりしますが、場合によっては手術を行うこともあります。手術をすることによって異常収縮した部位の緊張を緩めて、炎症を改善するのです。

※上腕二等筋長頭腱炎の治療に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩の検査と病名