五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩の検査と病名 肩鎖関節変形性関節症

肩鎖関節変形性関節症

肩鎖関節変形性関節症は肩鎖関節が変形して炎症と痛みを起こすことがあります。ゴルフで傷める傾向があり、ゴルファーに多い病気と言われています。

人は生きているうちに数え切れないほどの関節を動かします。関節を動かしているうちに、関節と関節の間になる軟骨というのは磨り減っていきます。

磨り減っていくのと同時に、部分的に再生していきます。磨り減りと再生の変形が同時に起こることによって関節をスムーズに動かすことが出来なくなったり、痛くなったりすることを肩鎖関節変形性関節症と言います。

変形性関節症というのは壮年期以降に発症する慢性関節疾患の中では、最も頻度の高い疾患になります。年齢を重ねることによって関節の磨り減りは進んでいくので、中でも65歳以上の人には高い可能性で発症する病気です。つまり誰でもなる可能性がある疾患と言えるでしょう。

年齢だけでなく関節を繰り返し動かすことでも起こる疾患なので、ゴルフなど関節を良く使用するスポーツなどを行う方にもよくある疾患です。体重が重くても関節に負担がかかりやすくなるので、肥満もその原因になります。

また肩鎖関節変形性関節症は女性は、男性の10倍の頻度で発症すると言われています。閉経後のホルモン分泌異常などに関係があるとされていますが、原因は今だにはっきりとは分かっていません。

関節が痛くなるのでリウマチと間違えられやすく、鑑別も難しいものになりますので、誤診されてしまうことも稀にあります。そのため早めに適切な治療を受けるために、信用出来る専門医に診てもらうことが大切となります。

※肩鎖関節変形性関節症の治療に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩の検査と病名


鹿児島空港 レンタカー
http://www.dgachn.org/

スクラブ 医師
スクラブの医師なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ドネペジル
ドネペジルなら医療関係者向けの製品情報サイトで!