五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩に関係する三つの病期 急性期

急性期

急性期は関節に起きている炎症が強くて、非常に痛みが強い時期のことをいいます。疼痛期と呼ばれることもあります。

通常痛み始めてから短い人で約1ヶ月(3〜4週間)、長い人で約2ヶ月ぐらいを急性期といいます。一番痛みが激しい時期なので肩を動かしたら痛みが発生するのはもちろんですが、何もしていなくても痛みが発祥します。

血液の循環が鈍くなる夜間の間に症状が悪化するために、寝る時でも痛みが出たりします。痛みのために眠れなくなることもあります。

急性期の痛みは突然発症することがありますが、じわじわと痛みが出てくることが多いとされています。痛みの範囲は広範囲に及ぶために、どの部分が痛んでいるのが特定することは難しいとされています。

この時期は兎にも角にも安静第一。無理に肩や手を動かさないようにして、重いものを持つなど痛みを誘発する運動や作業を控えましょう。

急性期の頃は抗炎症薬などの薬物療法と、血行を良くするための温熱療法が用いられることが一般的です。この時期は痛みが酷いので運動制限がありますが、関節内の癒着というのはそれほど進行していないので、無理のない範囲で運動療法が用いられることがあります。

運動療法は痛みの程度をみながら、なるべく早く始めた方がいいでしょう。昼間など痛みが激しいときは安静にして、腕の重さを支えるために三角巾などで固定します。夜間の痛みには枕などで腕を支えて肩あてをすると、痛みが少し和らぎます。

薬物療法では消炎鎮痛薬を飲むことが殆どで、局所麻酔薬と副腎皮質ホルモン薬の局所注射を行うことが効果的になります。

※五十肩の治療に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩に関係する三つの病期


貸会議室 大阪市
http://www.rearlive.co.jp/blog/meeting_room