五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩に関係する三つの病期 回復期

回復期

回復期になると痛みや不快感がだんだんと少なくなり、手が動かしやすくなります。おおよその目安として、五十肩を発症してから3〜6ヶ月ぐらいで回復期が訪れると思ってください。

回復期になると、肩の痛みも大分少なくなってきます。それに伴って、肩にかかっているだるさや重さなどからも解放されていきます。縮んでいた筋肉や靭帯が少しずつ緩んでくるので、痛みやだるさが軽減されるのです。

肩を動かすと、これまで痛かった場所が痛まなくなっています。そのためもう少し肩を動かすようにして下さい。この動きを繰り返すことによって除除に回復に向っていくのです。

五十肩というのは自然に回復していくものです。ですが、自然回復にだけ頼っていると関節の可動領域が制限されてしまうために、五十肩になる前の健康な肩の状態に戻せなくなってしまうこともありますので注意するようにしましょう。そのためにもきちんと病院で診察を受けて、医師の元できちんと運動療法などを行うことをお勧めします。

回復期になると痛みなどの自覚症状がなくなってくるので、薬を用いる薬物療法は必要ありません。痛みが消えるのでもう治ったと思ってしまいがちですが、この回復期に肩をきちんと動かしておかないと運動制限がいつまでも残ってしまうことになります。そのためラジオ体操などを行ったりして、積極的に運動を行うことが大切になります。

以前に何かスポーツをやっていた人はこの時期にゆっくりと再開していくようにしましょう。

※五十肩の治療に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩に関係する三つの病期


http://www.dr-m.co.jp/