五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩の治療と予防 五十肩の治療

五十肩の治療

五十肩の治療で一番大切なのは、まず痛みを取るために消炎鎮痛薬で炎症を取ることが第一になります。飲み薬や湿布などを使用しますが、痛みがかなり酷い時は注射などを打ったりします。

どの病院でも「自分で体操をするように」という指導をすることが多いです。炎症が治まるまでの間で癒着して腕を動かすことが難しくなってしまうので、癒着の進行を防ぐために多少の痛みがあって肩を動かすことが大切なのです。

体操は入浴した後などで体が温まったりして、痛みが和らいでいる時に行うようにしましょう。ホットパックやカイロなどで肩を温めた後で行うのも効果的です。

血行が悪い時に体操をしても、逆に五十肩を悪化させてしまうことになります。少し痛みがあるという時は体操を行っても大丈夫ですが、かなり痛いという時は無理をせずに安静にするようにして下さい。

体操をする際は、少し痛いと感じる程度で行うようにしましょう。痛くない範囲で運動をしても効果はあまりありませんが、だからといって無理をすると炎症が酷くなりますので適度に運動をするようにしてください。

基本的に病院ではどの患者にも体操をするように指導しています。しかし特に運動制限が強く、関節の動きが思うように回復しない場合などは理学療法士による本格的なリハビリを受けることができます。

その場合「神経ブロック療法」という痛みを伝える神経に局部麻酔薬を注射し、痛みを緩和させている間に腕を動かすという療法が用いられることが多いです。

※五十肩の治療に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩の治療と予防


マイスリー
マイスリーなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

三軒茶屋の歯科
世田谷区三軒茶屋や若林の歯医者『コイズミデンタルオフィス』