五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩の治療方法 五十肩の治療薬

五十肩の治療薬

五十肩というのは激しい痛みを伴うので、五十肩を治療する時、一般的に消炎鎮痛剤を用いて肩の関節の炎症や痛みを抑えることが多いです。その他の治療としては、強張った筋肉の緊張を和らげるために筋肉弛緩剤を使用したり、末梢神経の働きを調節して痛みを楽にする末梢改善剤を使用したりします。

その次に肩の関節を動かす体操を続けます。つまり五十肩の治療方法というのは「安静」「投薬」「運動」という3ステップで行われることになります。

病院への通院は痛みが酷い時は週に1、2回行かなくてはいけませんが、その後は1ヶ月に1回ぐらいになります。夜眠ることが出来ないほど痛みが酷いという場合は、病院に相談しましょう。

痛みが激しい時は安静にしていることが一番になります。肩関節の炎症を抑える「消炎鎮痛剤」の内服薬や座薬の服用、それから患部に「ヒアルロン酸ナトリウム薬」や「ステロイド薬」を注射して治療が行われます。

これによって痛みが和らいでくると、運動療法を始めることになります。痛いからといってずっと動かさないままでいると癒着が起こって肩を動かす自由が効かなくなってしまうので、テーブル拭きなどの軽い運動をする必要があるのです。

肩以外の腰や膝などのストレッチが有効になることもあります。ですが五十肩治療の基本はリラクゼーションなので、肩関節周辺の筋肉の力を抜いて、肩を慢性的なストレス状態から開放することが大切になります。

コンドロイチン硫酸というものは肩にとても効くといわれていますが、残念ながら日本では認可されていないのが現状です。

※五十肩の治療薬に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩の治療方法


http://www.chameleon-honsya.com/
コンクリートリペア業界で注目の独占技術 コンクリート復元技術、補修・美装なら「カメレオン」