五十肩のメカニズム検証 TOP → 五十肩の治療方法 消炎鎮痛剤で治療

消炎鎮痛剤で治療

消炎鎮痛剤はステロイドが配合されていない、五十肩の治療では一番使用されている薬になります。殆どの場合はこの薬で治療することが多いです。この薬でも痛みが改善されない場合にステロイドが使用されるのです。

一口に消炎鎮痛薬といっても、消炎鎮痛薬にはとても沢山の種類があります。そのため痛みの強さや全身の状態などをきちんと把握して、1人1人の症状に合う消炎鎮痛薬を用います。

ステロイドが配合されている薬より副作用は少ないですが、多く薬を服用しすぎると胃潰瘍などの胃腸障害や肝臓の障害などを引き起こす場合があります。長期投与を続ければ、肝臓や腎臓の障害が出てくる可能性もないとは言えません。

しかし五十肩で使用する消炎鎮痛剤は短期間での使用が殆どになるので、それほど心配する必要はないでしょう。また消炎鎮痛剤と一緒に胃の粘膜を保護するための薬も同時に処方されるので、これらを一緒に飲むことによって胃があれるという副作用もカバーしてくれると思います。しかし空腹時に消炎鎮痛剤を飲むのは胃に良くないので避けましょう。

痛みが酷い時に薬を使用することによって楽になることが出来るので、医師の指示に従って薬を賢く服用するようにしましょう。薬の形状にも内服薬、座薬、外用薬など様々なものがあり、これらは痛みの強さによって使い分けられます。

基本的には一番痛みが酷い時には座薬が用いられますが、痛みが治まってくると内服薬や外用薬が用いられます。

※消炎鎮痛剤の治療に関しては必ず医者に相談し、正しい治療を受けてください。


五十肩の治療方法